事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

実例Q&A

義母のマンションの相続権【Q&A №215】

2012年12月14日


 

義理の母の住まいがなくなり、今600万くらいで中古マンション購入を考えています。

義理の母は300万しか出せないとの事。

私たちもすぐに使える現金がなく、悩んでいたところ、私の実母が300万を出してくれることになりました。

この場合、マンションの名義は誰にすればよいのでしょうか?

また、義理母死後マンションは誰のものになるのでしょうか?

私たちが相続した場合、相続税はどのくらいかかりますか?

主人には兄が一人いますが、兄はお金を一切援助してくれていません。

 

(まったくわからん)


【資金提供に応じて所有者となる】

不動産の購入では、資金を提供した人が所有者になるのが通常です。

今回は、あなたの母と義理の母が300万円を分担するというのであれば、2分の1ずつの共有名義にするといいでしょう。


【マンションの処理について】

仮に共有持分を2分の1ずつとすれば、義理の母が死亡した場合、この2分の1が遺産になります。

ただ、義理の母のために購入したマンションというのであれば、義理の母の死亡後にそのマンションに住む人もないでしょうから、マンション全体を売却し、その売却代金から経費を控除した半額を相続人で分けるということになるでしょう。

なお、誰が相続人になるかは、相続人の範囲 のカテゴリをご参照ください。

今回の質問では夫とその兄が相続人ですが、マンションが誰の所有物になるかによって、誰が何をどのくらい相続するのかが変わってきます。

【相続税について】
 
相続税が課税されるのは、遺産総額が、≪5000万円+相続人の数×1000万円≫を超える場合です。
 
もし相続人が2人であれば、遺産総額7000万円以内は相続税が課税されません。
 
この計算式を基準に相続税の申告の要否を判断されるといいでしょう。

「相続人の範囲     相続人が誰かわからない」に関するオススメQ&A