事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

実例Q&A

★兄が依頼した弁護士の報酬【Q&A №229】

2013年1月18日


 

遺産分割と弁護士法

私の母は、一人っ子ですでに他界しています。

その後すぐに、祖母(母の母)が亡くなり、その祖母の遺産相続権が私たち兄弟三人に発生しました。

私は三人兄弟です。

祖母は2年前に亡くなり、私が祖母の死の知らせを聞いたのは、亡くなって3カ月後でした。(祖母と母はあまり行き来がなかったので)

預貯金や現金などは兄がもっています。税金も兄が支払っているようです。

兄は弁護士を雇い、私に連絡してきましたが、預貯金のコピーを見せてほしいと申し出てもみせてくれません。

また、祖母の土地と建物を売却しようとしたが、買い手が見つからなかったと記されており、さらには、弁護士費用は40万かかるので、3人で折半して支払うよう弁護士から請求がきました。

弁護士からは最初に兄の代理人であるので、兄とは接触なくようという手紙をもらいました。

また私は祖母の土地建物の売却には賛成していません(それも手紙に記して送っていました)勝手にそのようなことを行う兄と弁護士に不信感を募らせています。

この弁護士は弁護士法に違反しているのではないでしょうか。私は弁護士費用は支払っていません。

記載内容  弁護士費用 弁護士法

(コーン)

 

【事件を依頼していない人は、弁護士報酬を支払う必要はない】

弁護士に対する報酬は、弁護士に事件を依頼した人が支払うものです。

お兄さんが頼んだのであればお兄さんが支払うべきものです。

事件を依頼していないあなたが、お兄さんの弁護士に報酬を支払う必要はありません。

【利害対立する双方から弁護士費用をもらうと問題になる・・】

今回の質問では、お兄さんが依頼した弁護士が、事件の相手方であり利害の対立するあなたに報酬等の弁護士費用を請求するのは、弁護士として次の問題点が発生します。

 ① 依頼を受けていない人に弁護士費用を請求することは法律的な根拠がなく、違法である。

 ② 相続人として利害が互いに対立するお兄さんとあなたの双方の代理人となるのは、違法である。

(なお、お兄さんとあなたの双方から、《利害対立しているのはわかっているが、それでも代理人になって欲しい》と頼まれたというのなら、問題はありません)

【弁護士はあくまで一方当事者の味方】

弁護士が今回のような遺産分割事件でお兄さんの代理人として登場してきたとすれば、それはあくまでお兄さんの利益を図る、お兄さんの側の弁護士として行動する必要があります。

相手方であるあなたの代理人を兼ねた場合には、弁護士としては、利害対立する双方の利益を図ることは不可能です。

そのため、弁護士に適用される法律(弁護士法)では、《双方代理》の禁止という原則を定めており、これに違反すると弁護士会から処罰(懲戒処分)されることもあります。

お兄さんの弁護士が報酬の支払いを請求してきても、あなたとしては支払う必要はありませんし、あまりしつこく請求してくるのであれば、一度、地元の弁護士会に相談されるといいでしょう。

【預金通帳を見せない場合の対応策】

預金通帳のコピーを請求しても、相手方の弁護士が見せてくれないということですが、お兄さん側としては預金通帳を見せる義務はありません。

遺産である預金の通帳も見せる義務もなければ、ましてやお兄さん独自の預金通帳を見せる義務も全くありません。

通帳の開示に応じない場合には、遺産である預金をお兄さんが使い込んでいるようなケースが極めて多いので、是非、あなた側で独自に調査することをお勧めします(調査方法については当ブログの、Q&A №98 をはじめとするカテゴリ( 参考カテゴリ:「遺産調査」 )をご参照ください)。

【お祖母さん名義の土地の売却はできない】

なお、被相続人であるお祖母さん名義の土地については、相続人であるあなたの同意なしに勝手に売却することはできません。

あなたとしては、お兄さん側の用意した書面に実印を押したり、印鑑証明書を手渡すようなことでもしない限り、登記の移転もできませんので、この点は安心されて結構です。

「その他」に関するオススメQ&A