事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

遺言書 – 相続人間で受け取る遺産に差をつける場合も遺言書は必要不可欠です

あなたの目から見て、残された家族には可愛い人もおれば、必ずしもそうではない

人もいるでしょう。

そのために相続割合に差をつけたいような場合にも遺言書が必用不可欠です。

この場合、なぜ差をつけるのかという理由をつけて、もらう額の少ない相続人の方に納得してもらうようにするといいでしょう。

また、遺産額が極端に少ない人がいるのなら、まず、その方から、もっと財産を欲しいという《遺留分減殺請求》が出ることが多いです。

そのような紛争を回避するためにも遺言書の内容を工夫する必要があります。

 

<< 遺言書ページに戻る