事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

実例Q&A

★保証人のサインをした父の医療費も相続されるか【Q&A №184】

2012年8月9日


 

医療費の連帯保証人

3人姉妹で私と姉は結婚し、妹が父と住んでいました。

ある日父が倒れたと妹から電話があり、病院に駆けつけると私と妹が、『連帯保証人』のサインをさせられました。

父は体が弱く仕事していません。

入院は10ヶ月くらい経ち、ある日請求書が私に届きました。

この場合私が全額支払いの義務があるのでしょうか?

ゆくゆく父が亡くなったときに、債権放棄したら、支払い義務はなくなるのでしょうか?

よろしくお願いいたします!!!

 

 

(よーぜふ)


【債務関係を整理すると・・】
 
今回の質問の債権(債務)関係を整理すると、次のようになります。

①主債務
  債権者:病院
  債務者:父
  債権(債務)内容:治療費支払債務

②連帯保証債務
  債権者:病院
  債務者:あなたと妹
  債権内容:上記①の債務についての連帯保証債務

【主債務と保証債務は全く別々の債務です】

上記①の債務は、父が支払うべきものです。
 
父が生きている限り、父とその子とは他人ですので、この①の債務の支払い義務はありません。

他方、あなたと妹は連帯保証人のサインをしているため、連帯保証人としてそれぞれ治療費全額の支払い義務があります。

【相続放棄すればお父さんの債務はなくなるが・・】
 
医療費も、借金などと同じように相続されます(但し、法定相続分の割合で相続されることになります)。
 
相続放棄をすれば、父の相続人でなかったことになります。

つまり、父の遺産ももらえないですが、債務を引き継ぐこともありません。

【あなたの保証人としての債務は消えない】
 
しかし、前記②の債務は、あなた自身の保証人としての債務です。
 
したがって、相続放棄したかどうかとは関係なく、あなたは連帯保証人として前記②の債務を全額支払う必要があります。

「相続放棄(限定承認)  相続放棄をした(い)相続人がいる」に関するオススメQ&A