事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

遺言書 – 仲の良い子供たちでも、相続争いが発生する

遺産問題には、ほぼ、必ず他人が入ってきます!

当事務所は相続の取り扱い件数が多いのですが、その際、相談に来られるのは相続人の方だけではありません。

ほぼ、必ずと言っていいほど、相続人の奥さまや、旦那様が同行されます。

悲しい話ですが、その同行された方が強硬な主張を繰り返すということもよく見受けられます。

相続人の方は、あなたの兄弟姉妹や親子などです。

しかし、相続人の奥さまやご主人にとっては、他の相続人は《遺産を奪い合う敵》として見ておられるのではないかというケースも数多く経験しています。

紛争においては、強硬な意見が力を持つことが多く、結局、兄弟姉妹が《敵と味方》に分かれ、《二度とあいつの顔は見たくない》という結論になることが極めて多いです。

あなたの作った財産が原因で、子供たちが、場合によっては配偶者と子供たちが互いに憎しみあうというようなこと、あなたは望んでいるのでしょうか?

遺産争いをできるだけ避ける、そのための方策として争いのない遺言書を作成する、それは財産を作るのと同様に、あなたの義務であるといって過言ではないでしょう。

<< 遺言書のページに戻る