事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

遺言書 – 先妻の子たちと後妻さんがいる場合も遺言書が必用不可欠です

法定相続人が、後妻さんと先妻の子である場合も、ぜひ、遺言書を作られるといいでしょう。

先妻の子と後妻は、最も遺産争奪が激しくなるケースです。

悲しいことですが、弁護士が扱う相続事件で最も感情的に対立するのが、このパターンです。

その場合、ぜひ、遺言書であなたの意志を明確に残しておく必要があります。

後妻さんと先妻の子たちとの間でどのような配分にするのか、そのためにどのような内容の遺言書を作るべきなのか、ここが弁護士の腕の見せ所です。

紛争を後に残して、お子達を悲しませないように、また、後妻さんが紛争に巻き込まれず、あなたがいない後も双方が争いをしないで済むように知恵を絞る、それがあなたの最後の仕事といっても過言ではないでしょう。

 

<<  遺言書のページに戻る