事務所での
無料相談

閉じる

Q&A検索

閉じる

メール
無料相談

閉じる

実例Q&A

★月100万円の生活費は特別受益では?【Q&A №198】

2012年9月19日


 


姉が母の預貯金を使い果たした。

父が亡くなり1年半ほどして母が亡くなりました。父が亡くなったときに1500万円ほど有った預貯金が残高35万円になってました。

母は姉と同居でしたが高齢の割に元気で亡くなる直前まで介護と言うほどの手間は掛かってませんでした。

姉に通帳の出金の理由を尋ねると「おばあちゃんが自由に使って良いと言った、おばあちゃんの生活費がほとんどだ」との事でした。

一年半で1500万円とは月100万円ほどの生活費なので到底納得できません。

月30万円の生活費としても半分以上特別受益と判断できますでしょうか?

記載内容  生活費 贈与 不正出金

(カネゴン)


【そのような意思表示はなかったのでは・・】

お母さん(おばあちゃん)がお姉さんに預金を「自由に使って良い」と言っていたということですが、通常の場合、そのような事実は認めがたいものです。

もし、そのような発言があったとすると、今度は、お母さんの意思能力があったのかが問題となります。

【無断出金ではないか】

当事務所に扱った事件のうち、短期間で多額の金銭が出金されている場合は、そのほとんどが被相続人(質問の場合にはお母さん)に無断で出金されたものでした。

お姉さんが、お母さんから「自由に使って良い」と言われた、と言いながら、その使途がお母さんの「生活費がほとんどだ」というのも極めて不自然です。

もし、無断出金の場合、お母さんはお姉さんに対して不当利得返還及び損害賠償の請求ができます。

ただ、お母さんが亡くなっていますので、(相続人があなたとお姉さんだけなら)、あなたはこの請求権の半額分を相続しますので、お姉さんに返還請求ができるということに

なります。

【無断出金かどうかの判断は取引履歴でする】

無断出金かどうかの確認のためには、お母さんの預貯金の取引履歴を金融機関から取寄せすればいいでしょう。

一度に数十万円を超すような預金の払い戻しが度々あれば、ほぼ無断出金とみて間違いないでしょう。

【特別受益について】

なお、もし、お姉さんの生活費として使われている分があった場合で、しかもそれがお母さんの了解を得ていた場合、その生活費分が特別受益になる可能性があります。

ご質問では30万円を超えてお姉さんが消費した金額が特別受益ではないかということですが、仮にお姉さんが生活費として消費した(支援を受けた)金額が毎月10万円程

度なら、特別受益とは言えないという審判例もあります。

しかし、それ以上となれば特別受益となる可能性も高いと思います(この点は、Q&A №164をご参照ください)

【弁護士に相談を】

今回のケースは預金額が多額であり、しかもお姉さんがすんなりと返還する可能性は少ないと思われますので、できれば相続に詳しい弁護士に相談され、調査を依頼し、そ

の結果によっては事件を依頼されるといいでしょう。

   埼玉県弁護士会 (URL:http://www.saiben.or.jp/)

「生前贈与(特別受益)  遺産に持ち戻せるのはどんな場合?」に関するオススメQ&A